平成30年12月  
  ・銅建値、前回比10円上げの`740円へ改定(14日)
  ・西川商工・中央環状営業所、スクラップシャーの改修工事が完了(14日)
  ・日本最大の環境展「 エコプロ2018」、16万2千人が来場(14日)
  ・関西鉄源連合会、18日に共同輸出入札(13日)
  ・東京製鉄、岡山・九州を500円、高松を1,000円値下げ(13日)
  ・林製作所、振動フルイ機や破砕機の問合せ急増(13日)
  ・名大で20日に「コンポジットハイウェイコンベンション」(13日)
  ・トムラソーティング、新製品・新技術説明会を開催(12日)
  ・大同特殊鋼、IHIから約20万uの土地取得を基本合意(12日)
  ・東京製鉄、岡山・九州・高松の購入価格を500円値下げ(11日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均29,478円で2万d落札(11日)
  ・銅建値が前回比10円下げの1`730円、亜鉛建値が12円下げの1`349円へ改定(11日)
  ・中部鋼鈑が1日に近隣学区のクリーンキャンペーンに参加(11日)
  ・愛知製鋼など7社がJR東日本BRTでバス自動運転技術実証(11日)
  ・豊田通商、豪州で準天頂衛星システム活用の自動運転実証実験(10日)
  ・関東鉄源協同組合、11日に共同輸出入札(7日)
  ・新英金属・四日市工場が非鉄倉庫新設(7日)
  ・岡山自動車リサイクル協同組合、低電圧講習を実施(7日)
  ・JARC、「京都環境フェスティバル2018」に出展(7日)
  ・東京製鉄、岡山1,000円、高松1,000〜1,500円、その他拠点500円値下げ(6日)
  ・銅建値、前回比10円下げの1`740円へ改定、亜鉛建値、前回比9円上げの1`361円へ改定(6日)
  ・平林金属、新工場開設 古紙リサイクル事業に注力(6日)
  ・エムダイヤ、対象物が潰れにくい手解体前処理用切断機を拡販(6日)
  ・鈴木商会、中国・CEGとパートナーシップ締結(5日)
  ・K・Mウイング、スクラップ業界向けコンテナ類を拡販(5日)
  ・東京製鉄、岡山・高松1,000円、その他拠点500円値下げ(4日)
  ・近畿工業(本社=神戸市)、「産業人材育成スクール」を近隣にも門戸拡大(4日)
  ・丸紅テツゲン 仙台で講演会「中国経済及び鉄鋼業の動向」を開催(4日)
  ・銅・亜鉛・鉛、12月のスタート建値(3日)
  ・大同特殊鋼、工具鋼製品の4合金に価格サーチャージ制を導入(3日)
  ・普通鋼電炉工業会、11月30日に「2018年電炉鋼材フォーラム」を開催(3日)

平成30年11月  
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を一律500円値下げ(30日)
  ・平林金属、日本男子ソフトボールリーグで4度目の優勝(30日)
  ・豊田通商、アルゼンチンでリチウム生産増強を決定(30日)
  ・新日鉄住金、プラスチックリサイクル累計300万dを達成(29日)
  ・日本鉄鋼連盟が第8回グリーン・スチール・セミナーを開催(28日)
  ・愛知製鋼、12月5〜7日の「高機能金属展」に出展(28日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格(田原のシュレッダーを除く)を500円値下げ(27日)
  ・亜鉛建値が6円下げの343円へ改定(27日)
  ・近畿工業(兵庫県)、三木工場の事務所棟をリニューアル(26日)
  ・豊田メタル、廃車供養式に53人(26日)
  ・東京製鉄、購入価格を500〜1,000円値下げ(22日)
  ・直富商事、創業70周年記念講演会に約500名出席(22日)
  ・山原商会、最新鋭の浮上自動油回収機を導入(22日)
  ・銅建値が前回比10円下げの1`740円、亜鉛建値が3円下げの349円へ改定(21日)
  ・山下雄平氏の2019年絵画カレンダーが完成(20日)
  ・「第26回豊鋼会VA展示会」、会員会社らが改善事例を提案(20日)
  ・豊田メタル、11月21日に「41回廃車供養式」(19日)
  ・共栄・衣浦工場(碧南)が対面型の放射能検知器導入(19日)
  ・東京製鉄12月鋼材販価、厚板のみ2,000円値上げ(19日)
  ・銅建値が前回比20円上げの1`750円、亜鉛建値が9円上げの352円へ改定(16日)
  ・日鉄萬金属 京都工場の事務所リニューアル工事が完了(16日)
  ・日立ハイテクサイエンス、携帯型金属分析装置の販売を開始(16日)
  ・東京製鉄、購入価格を500〜1,000円値下げ(15日)
  ・タグチ工業とJAXAが共同でCFRP製超軽量建機アタッチメントを開発(15日)
  ・愛知製鋼、森2イベント「カブトムシのすむ森づくり」に70人(15日)
  ・ミヤモト商店、エンマグリースを12月より開始(14日)
  ・親和スチールの南港営業所(大阪)が音楽PV撮影ロケ地に(14日)
  ・銅建値、前回比10円下げの1`730円へ改定(13日)
  ・普通鋼電炉工業会「2018年電炉鋼材フォーラム」を開催(13日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を1,000円値下げ(12日)
  ・鉛建値、前回比12円上げの1`286円へ改定(12日)
  ・愛知製鋼、次世代自動車用放熱部品の新生産ラインが竣工(12日)
  ・「メッセナゴヤ2018」が閉幕 多数の来場者で賑わう(12日)
  ・日本最大の環境展「エコプロ2018」、12月6〜8日開催(9日)
  ・豊田通商と中電がEV蓄電池を活用した電力供給実証試験(9日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を1,000円値下げ(9日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均33,875円で1万d落札(9日)
  ・亜鉛建値、前回比6円上げの1`343円へ改定(9日)
  ・銅建値、前回比20円下げの1`740円へ改定(8日)
  ・山原商会、新ヤード開設 荷受対応を強化(8日)
  ・「第22回全国愛鋼会」に150人が参集 ヒルトン名古屋で(8日)
  ・「名古屋プラスチック工業展」に1万7千人が来場(8日)
  ・関東鉄源協同組合、9日に共同輸出入札(7日)
  ・扶和メタル、3日に創立110周年記念式典を開催(7日)
  ・メダルプロジェクト 東京メトロが携帯・スマホを回収(7日)
  ・全国初 トンネルで磁気マーカシステムの自動運転実証実験(7日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を値下げ(6日)
  ・太洋マシナリー、選別機の販売を強化(6日)
  ・アミタら6社が南三陸町で「資源循環の高度化実証実験」(6日)
  ・愛知製鋼、7〜10日の「メッセナゴヤ2018」に出展(6日)
  ・銅建値、前回比40円上げの1`760円へ改定(5日)
  ・佐藤鉄工、クロスフローシュレッダへの引き合い増加(5日)
  ・日本鉄リサイクル工業会環境委員会が「定例講演会」参加申込を受付中(5日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を値下げ(2日)
  ・JARC、「2018松江市環境フェスティバル」に出展(2日)
  ・CBM、11月7〜10日「メッセナゴヤ2018」に出展(2日)
  ・銅・亜鉛・鉛、11月のスタート建値(1日)
  ・トムラソーティング、滋賀で「トムラリード」開催(1日)
  ・東京オリパラメダルプロジェクト、金・銀の回収を推進(1日)
  ・豊田通商、ラオスでトヨタ車のディストリビューターを開業(1日)

平成30年10月  
  ・三木鋼業、ASR再資源化事業を強化 全ての自動車受け入れ(31日)
  ・タグチ工業、油圧発電式マグネットが販売好調(31日)
  ・11月3〜4日に「東海秋まつり2018」 製鉄公園・元浜公園他で(31日)
  ・東京製鉄、宇都宮以外の拠点を500〜1,000円値下げ(30日)
  ・アーステクニカとトムラソーティング 協業20周年記念行事を開催(30日)
  ・タグチ工業のガジラシリーズ、金属リサイクルや解体業界から好評(30日)
  ・中部鋼鈑が24日に近隣小学校を対象とした工場見学会を開催(30日)
  ・扶和メタル市川支店(千葉県)、今年から2シフト体制で稼働時間を拡大(29日)
  ・大同特殊鋼、異業種交流展示会「メッセナゴヤ2018」に出展(29日)
  ・亜鉛建値が前回比3円下げの1`352円に改定(26日)
  ・伸生、ホームページ刷新 SNS連動でPR強化(26日)
  ・伊藤製鉄所と東京鉄鋼が鋼材共同販売会社を設立(26日)
  ・モリタ環境テックが新製品発表会、10月25〜26日に同社船橋工場で(25日)
  ・都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト 東武鉄道14駅に回収ボックス設置(25日)
  ・銅建値、前回比10円上げの1`740円へ改定(24日)
  ・愛知製鋼、グループ社員ら40人が森林育成ボランティアに参加(24日)
  ・「建設技術フェア2018 in中部」に1万5千人が来場(24日)
  ・亜鉛建値が前回比9円上げの1`355円に改定(23日)
  ・豊田通商、インド「日本式ものづくり学校」が経産省から認定(22日)
  ・銅建値、前回比10円下げの1`730円へ改定(19日)
  ・リバーHD、高校生が参加し「リサイクル現場スタディツアー」(19日)
  ・豊田通商、トラック隊列走行の後続車有人システム実証実験(19日)
  ・協和興業、地元小学生を招いて工場見学を開催(18日)
  ・東日本コベルコ建機と西日本コベルコ建機が合併、来年4月1日から「コベルコ建機日本」に(18日)
  ・2017年度のスチール缶リサイクル率は93.4%(17日)
  ・愛知県、中小企業経営者のための「BCPセミナー」参加者募集(17日)
  ・銅建値が前回比10円下げの1`740円に改定(16日)
  ・巖本金属、愛知川工場のASR再資源化施設が本格稼働(16日)
  ・「金属×材料×加工 技術支援ネットワークセミナー」の参加者募集(16日)
  ・山陽、加西工場のスクラップシャーを更新(15日)
  ・17、18日に「建設技術フェア2018 in中部」吹上ホールで(15日)
  ・亜鉛建値が前回比12円下げの1`346円に改定(12日)
  ・関東鉄源テンダー、不調により落札せず(11日)
  ・前田金属(三重・津)、新事務所が完成しリニューアル(11日)
  ・大同特殊鋼、新卒採用でダイレクトリクルーティング導入(11日)
  ・アンカーネットワークサービス 大人の発達障害の就労移行支援事業に参入(11日)
  ・関東鉄源協同組合、11日に共同輸出入札(9日)
  ・銅建値が前回比20円下げの1`750円に改定(9日)
  ・豊田通商、モロッコ向け海洋・漁業調査船を受注(9日)
  ・シマ商会、2019年度内定式を開催(4日)
  ・リバーホールディングス、「環境社会報告書2018」を発行(4日)
  ・近畿工業、移動式ユニットプラント「K-CUBE(ケイ・キューブ)」の1号機を販売(3日)
  ・10月19〜20日に「ものづくり岐阜テクノフェア2018」(3日)
  ・東京製鉄、九州のみ全品種500円値上げ(2日)
  ・愛知製鋼、昨年度の取組みをまとめた「レポート2018」を発行(2日)
  ・銅・亜鉛・鉛、10月のスタート建値(1日)
  ・平林金属、山陰工場の重機更新し業務効率化図る(1日)
  ・豊田通商、オペレーター付き建設機械シェアサービスを開始(1日)

平成30年9月  
  ・エコマテリアルフォーラム、都市鉱山回収プロジェクトを展開(28日)
  ・11月9日にポートメッセなごやで「次世代自動車フォーラム」(28日)
  ・K・Mウイング、過積載防止策を積極提案(27日)
  ・中部経産局、「CFRPリサイクルセミナー」に200人(27日)
  ・東京製鉄、宇都宮以外の拠点を500円値上げ(26日)
  ・大阪故鉄、トラックスケールを更新(26日)
  ・愛知製鋼、東海市と名古屋市の小学校で「鉄の教室」を開催(26日)
  ・銅建値が前回比30円上げの1`750円、亜鉛建値が45円上げの343円に改定(25日)
  ・達栄工業、中古機械のラインアップを強化(25日)
  ・リバーHD、ブックオフと提携し小型家電回収サービス(25日)
  ・メタルリサイクル、自治体に対する環境コンサルティングサービス機能を強化(25日)
  ・トムラソーティング、10月に「トムラリード」開催(21日)
  ・伊藤金属(彦根)が三洋貿易のレーザー式金属分析器を導入(21日)
  ・東京製鉄、九州・高松500円、岡山をダライ粉類1,000円、その他500円値上げ(20日)
  ・リョーシン、破砕機や選別機の販売を強化(20日)
  ・銅建値が前回比10円上げの1`720円に改定(19日)
  ・岸和田製鋼、15日に懇親会を開催(19日)
  ・「環境デーなごや2018中央行事」閉幕(19日)
  ・東京製鉄、岡山・高松1,000円、田原・九州・宇都宮500円値上げ(18日)
  ・亜鉛建値が前回比18円下げの1`298円に改定(18日)
  ・関西鉄源連合会、20日に共同輸出入札(14日)
  ・東京製鉄、宇都宮以外を全品種500円値上げ(14日)
  ・オートパーツ伊地知(鹿児島)、第4回リサイクル祭り開催(14日)
  ・愛知県、「2019愛知環境賞」のエントリー企業などを募集(14日)
  ・銅建値が前回比10円上げの1`710円に改定(13日)
  ・田口金属 田口会長の傘寿と創業50周年を祝い祝賀会(13日)
  ・愛知製鋼、「ITS世界会議コペンハーゲン2018」に出展(13日)
  ・東京製鉄、岡山と高松のみ全品種500円値上げ(12日)
  ・井上商店(宮崎県)、新社屋が完成 〜10月1日から業務開始〜(12日)
  ・9月15日に「環境デーなごや2018中央行事」 久屋大通公園で(12日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均34,486円で1万5150d落札(11日)
  ・「名古屋オートモーティブワールド」に3万人超が来場(11日)
  ・亜鉛建値が前回比9円下げの1`316円に改定(10日)
  ・シーパーツ、工場見学の受け入れ実施(10日)
  ・東京製鉄、宇都宮のみ500円値下げ(7日)
  ・関東鉄源協同組合、11日に共同輸出入札(7日)
  ・ダイハチ、海外視察団の工場見学会を実施(7日)
  ・豊田通商ほか2社、自動車樹脂リサイクル実証事業を推進(7日)
  ・銅建値が前回比10円下げの1`700円に改定(6日)
  ・山根商店、電気設備の更新で節電対策を講じる(4日)
  ・近畿電解錫工業、フォークリフト更新し作業効率化(4日)
  ・銅・亜鉛・鉛、9月のスタート建値(3日)
  ・刈谷市のトヨタグループ8社が名フィル福祉コンサートに協賛(1日)

平成30年8月  
  ・東京製鉄、宇都宮のみ500円値下げ、他拠点は据え置き(31日)
  ・エムダイヤのエコセパレ、廃タイヤやケーブル、基板を1台で分離・破砕(31日)
  ・大同特殊鋼、船舶用エンジン部品がMAN社から実用化認定(31日)
  ・愛知製鋼 山西選手がアジア競技大会競歩で銀メダル(31日)
  ・紅久商店(豊橋)を県議及び県職員が訪問 廃小型家電リサイクルプラントなど見学(30日)
  ・信友金属、ホームページを大幅刷新スマホにも対応(30日)
  ・愛知県、産業廃棄物排出事業者向け現地研修会の参加者募集(30日)
  ・村瀬金属、設備増強し作業効率化に注力(29日)
  ・三木資源、太陽光パネル設置して省エネルギー化(29日)
  ・9月5〜7日に「第1回オートモーティブワールド」開催(29日)
  ・銅建値が前回比20円上げの1`720円に改定(28日)
  ・東京製鉄、九州のみ500円値上げ、他拠点は据え置き(27日)
  ・亜鉛建値が前回比27円上げの1`334円に改定(27日)
  ・豊田通商、有機ELディスプレイの量産化狙いJOLEDに出資(27日)
  ・横浜でバーゼル法説明会、関係者ら150名が参加(27日)
  ・メトレック産業(半田)がコベルコ建機のクローラークレーン導入(24日)
  ・リバーHDの本社新築計画、国交省の省CO2先導事業に採択(24日)
  ・東京製鉄、宇都宮のみ500円値上げ、他拠点は据え置き(23日)
  ・銅建値が前回比10円上げの1`700円に改定(23日)
  ・山根商店、場内の整備工事完了(23日)
  ・阪和興業、7冊目の社史となる『阪和興業七十年史』を発刊(23日)
  ・東洋製罐と新日鉄住金、業界最軽量のスチール缶を開発(22日)
  ・三菱マテリアルと日本磁力選鉱がコバルト、ニッケル等のリサイクル技術を共同開発(22日)
  ・大同特殊鋼、“鋼”つながりで「鋼の錬金術師展」に特別協賛(22日)
  ・東京製鉄、宇都宮と西3拠点を500円値上げ、田原は据え置き(21日)
  ・亜鉛建値が前回比9円上げの1`307円に改定(21日)
  ・サンコー三島、トムラソーティング選別機を導入(21日)
  ・「水素エネルギー社会形成研究会」セミナーの参加者募集(21日)
  ・東京製鉄9月鋼材販価、全品種据え置き(20日)
  ・銅建値が前回比20円下げの1`690円に改定(20日)
  ・東京製鉄、全拠点で購入価格を1,000〜1,500円値上げ(17日)
  ・平林金属、男子ソフトボール部が全日本クラブ男子選手権大会で3度目の優勝(17日)
  ・中部経産局、9月20日に「CFRPリサイクルセミナー」(17日)
  ・関西鉄源連合会、20日に共同輸出入札(16日)
  ・亜鉛建値が前回比42円下げの1`298円、鉛建値が17円下げの284円に改定(16日)
  ・銅建値が前回比10円下げの1`710円に改定(15日)
  ・ダイオーエンジニアリング、AIを搭載した色彩・形状選別機エアロソータCS-AIの販売開始(10日)
  ・アミタ関連会社 AKBK(マレーシア)、 7月に乾燥機能を有する新施設を増設(10日)
  ・東京製鉄、岡山・九州・高松を1,000円、田原と宇都宮を500円値上げ(9日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を34,860円で1万5千d落札(9日)
  ・ダイハチ、ミスト発生装置導入で職場環境の向上に注力(9日)
  ・銅建値が前回比10円下げの1`720円に改定(8日)
  ・関東鉄源協同組合、9日に共同輸出入札(7日)
  ・亜鉛建値が前回比9円下げの1`340円に改定(7日)
  ・近畿工業、移動式ユニットプラント「K-CUBE(ケイ・キューブ)」の問い合わせ急増(7日)
  ・イボキン、ジャスダックに上場(6日)
  ・東京製鉄、宇都宮のダライ粉類のみ500円値下げ(3日)
  ・銅建値が前回比20円下げの1`730円に改定(3日)
  ・平成30年度バーゼル法等説明会参加受付開始(3日)
  ・ネクスティEが製品設計を支援するサイト「e-NEXTY」を開設(3日)
  ・ケルヒャージャパン、創立30周年イベントを9月6〜7日に開催(2日)
  ・銅・亜鉛・鉛、8月のスタート建値(1日)
  ・循環ビジネス創出会議「プラスチックリサイクル」に110名(1日)

平成30年7月  
  ・東栄商店(西尾)、三洋貿易のX線金属成分分析器を導入(30日)
  ・近畿工業、太陽光パネル処理設備を営業販売(27日)
  ・住友建機、新型マテリアルハンドリング機を発売(26日)
  ・ネクスティEが車載ソフトウェア強化を狙い東海ソフトに出資(26日)
  ・銅建値が前回比10円上げの1`730円、亜鉛建値が3円上げの1`343円へ改定(25日)
  ・23日の「第16回レアメタル資源再生技術研究会」に100人(25日)
  ・鉛建値が前回比11円下げの1`296円へ改定(24日)
  ・メジャーヴィーナス・ジャパン、飛散性・非飛散性アスベスト一括受入事業を本格稼働(24日)
  ・中部経産局、「タイ環境ビジネスミッション」の参加企業募集(23日)
  ・銅建値が前回比10円下げの1`720円、亜鉛建値が前回比12円上げの1`340円へ改定(20日)
  ・7月23日に「レアメタル資源再生技術研究会」名古屋市工業研究所で(19日)
  ・東京製鉄、九州1,000円、岡山・高松500円値上げ(18日)
  ・秋田県自動車解体処理協同組合青年部が韓国視察研修(18日)
  ・「人とくるまのテクノロジー展2018」に4万人超が来場(18日)
  ・関西鉄源連合会、H2を34,330円で5,200d落札(17日)
  ・亜鉛建値が前回比12円下げの1`328円、鉛建値が15円下げの307円へ改定(17日)
  ・シマブンコーポレーション、7月18〜20日開催の「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2018」に作業者見守りシステムを出展(17日)
  ・東京製鉄、岡山・高松1,000円、九州500円値上げ(13日)
  ・茂山製鋼原料、旋回式切断機を増設し解体事業の強化(13日)
  ・銅建値、前回比20円下げの1`730円へ改定(12日)
  ・関西鉄源連合会、17日に共同輸出入札(12日)
  ・清水鋼鉄 創業80周年記念誌「鐵を紡ぐ」を発刊(12日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を34,330円で1万5千d落札(11日)
  ・亜鉛建値、前回比12円下げの1`340円へ改定(11日)
  ・林氏が「鉄スクラップ供給力の分析による鉄鋼生産の方向性」発表(11日)
  ・杉本グループ 第40回義恩情交歓の会を開催(11日)
  ・鉛建値、前回比7円下げの1`322円へ改定(10日)
  ・関東鉄源協同組合、11日に共同輸出入札(9日)
  ・銅建値が前回比30円下げの1`750円、亜鉛建値が18円下げの352円へ改定(5日)
  ・リバーホールディングス 広報誌『ecoo』22号を発刊、都市鉱山を特集(5日)
  ・愛知県、7月20日にセミナー「タイ〜新たな次元へ飛躍」(4日)
  ・銅、亜鉛、鉛、7月のスタート建値(2日)
  ・イボキン(兵庫県)、ジャスダックへ新規上場(2日)
  ・アミタ、メジャーヴィーナス・ジャパン、大栄環境が包括業務提携(2日)

平成30年6月
  ・ダイハチ(兵庫)、海外視察団を誘致し工場見学会を開催(29日)
  ・共栄、中津港ヤード(大分県)を開設(28日)
  ・銅建値が前回比10円下げの1`780円へ改定(27日)
  ・モリタ環境テック、竪型破砕機「バリクラッシャー」を発売(27日)
  ・大同特殊鋼、耐熱チタン合金で航空宇宙用材料規格に登録(27日)
  ・亜鉛建値が前回比36円下げの1`355円へ改定(26日)
  ・愛知県、7月4日に「エコアクション21セミナー」(26日)
  ・銅建値が前回比20円下げの1`790円へ改定(22日)
  ・大同興業、新入社員教育プログラムの一環で岡田金属、宮崎精鋼の工場見学を実施(22日)
  ・日本自動車リサイクル研究所がセミナーを開催(22日)
  ・東京製鉄、田原を500円、宇都宮を新断除き500円値下げ(21日)
  ・大阪故鉄、安全衛生研修会を実施(21日)
  ・大同特殊鋼、米「SEMICON WEST 2018」に初出展(21日)
  ・銅建値が前回比30円下げの1`810円、亜鉛建値が15円下げの391円、鉛建値が10円下げの329円へ改定(19日)
  ・関西鉄源連合会、H2を平均33,535円で10,200d落札(18日)
  ・東京製鉄7月鋼材販価、全品種据え置き(18日)
  ・東京製鉄、宇都宮工場のみ500円値下げ(15日)
  ・シマブンエンジニアリングが設立50周年記念式典を開催(15日))
  ・大同特殊鋼、佐川眞人顧問が「NIMS Award2018」を受賞(15日)
  ・東京製鉄、宇都宮工場のみ新断除き500円値下げ(14日)
  ・関西鉄源連合会、18日に共同輸出入札(14日)
  ・関東鉄源協同組合、13日に共同輸出入札(11日)
  ・日本鉄リサイクル工業会が第43回通常総会を岡山で開催(11日)
  ・三洋貿易、金属スクラップ判別ガイドブックVol.2が完成(8日)
  ・銅建値が前回比30円上げの1`840円、鉛建値が10円上げの339円へ改定(7日)
  ・近畿工業「2018NEW環境展」に1,000人以上が訪問(7日)
  ・6月15日〜16日に「ものづくり博2018 in東三河」(7日)
  ・東京製鉄、宇都宮工場を500円値上げ(6日)
  ・亜鉛建値 前回比18円上げの1`403円へ改定(6日)
  ・三木鋼業、24時間営業の資源物無人回収拠点「じゅんかんコンビニ24」を開設(6日)
  ・銅建値 前回比30円上げの1`810円へ改定(5日)
  ・銅センター 第45回銅センター表彰式を開催(5日)
  ・リバーホールディングス 「SDGsプロジェクトチーム」を発足(5日)
  ・銅、亜鉛、鉛、6月のスタート建値(1日)
  ・村瀬金属(呉市)、事務所をリニューアル(1日)

平成30年5月  
  ・林製作所、新たにコンパクト強力破砕機『パーフェクトクラッシャーCONTROL5』の販売を開始(30日)
  ・東京製鉄、田原一部と宇都宮で500〜1,000円値上げ(29日)
  ・銅建値が前回比20円下げの1`790円へ改定(29日)
  ・亜鉛建値が15円下げの376円へ改定(28日)
  ・銅建値が前回比10円上げの1`810円へ改定(23日)
  ・東京製鉄、宇都宮工場のみ500円値上げ(22日)
  ・鉛建値が8円上げの324円へ改定(22日)
  ・近畿工業、2018NEW環境展に出展のV-BUSTERが完成(21日)
  ・ケルヒャージャパン、「2018NEW環境展」に出展(21日)
  ・愛知製鋼、「人とくるまのテクノロジー展2018横浜」に出展(21日)
  ・東京製鉄、田原工場を500円、宇都宮工場を1,000円値上げ(18日)
  ・亜鉛建値が6円上げの391円へ改定(18日)
  ・山根商店、油圧シャーのピットを補強 作業効率化に注力(18日)
  ・ミヤモト商店、中古機械売買専門サイトを開設(18日)
  ・共英製鋼、越北部VIS社の株式取得を完了(17日)
  ・愛知製鋼、「第1回アイチグループKIZUNAの会」を開催(17日)
  ・東京製鉄、宇都宮工場の購入価格を1,000円、田原工場を一部500〜1,000円値上げ(15日)
  ・豊田通商、イラク向け港湾作業船2隻の建造契約を受注(15日)
  ・銅建値が10円上げの800円へ改定(14日)
  ・関西鉄源連合会、H2を33,500円で5,000d落札(14日)
  ・CBM、5月22〜25日の「2018NEW環境展」に出展(14日)
  ・小倉商店(兵庫県三木市)、コベルコ建機製重機を導入(14日)
  ・東京製鉄、田原工場と宇都宮工場の購入価格を500円値上げ(11日)
  ・伸生(堺市)、自動車の中古部品販売事業を強化(11日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均34,245円で1万6千d落札(10日)
  ・亜鉛建値が3円上げの385円へ改定(10日)
  ・ホーライの二軸破砕機、汎用性に優れ処理困難物にも対応(10日)
  ・大同特殊鋼、野生生物保護功労者表彰「環境大臣賞」を受賞(10日)
  ・三木資源・河内相談役のモンゴル文化大使就任祝賀会を開催(9日)
  ・ペレンクSTジャパン、10周年記念セミナーを開催(8日)
  ・愛知製鋼、8〜10日の「ITSフォーラム2018福岡」に出展(8日)
  ・銅・亜鉛・鉛、5月のスタート建値(7日)
  ・山陽(姫路)、新井鋼業(姫路)を完全子会社化(7日)
  ・中部鋼鈑、4月26日に会社周辺のクリーン作戦を実施(7日)
  ・日本専機の選別機がリサイクル業界で活躍、4,500台以上導入(2日)

平成30年4月
  ・松野アルミ、プレス工場屋根を遮熱塗料で作業環境改善(27日)
  ・日本トラックリファインパーツ協会、『第4回トラック・3Rを促進させる環境フォーラム』を開催(27日)
  ・環境アライアンス2F4K、業界初のインターネットテレビ番組を開始(26日)
  ・銅建値が10円上げの800円へ改定(25日)
  ・竹田商会、東浜工場をリニューアル(25日)
  ・JRITS(ジェイリッツ)リサイクルページの月間アクセス数、3万回突破(24日)
  ・豊田通商、高精度衛星測位サービス事業に出資(24日)
  ・近畿工業、「2018NEW環境展」にリサイクル機器と投入ロボットを出展(20日)
  ・銅建値が20円上げの790円、亜鉛建値が24円上げの400円へ改定(19日)
  ・平林金属、西大寺工場の選別機を更新、選別技術が向上(19日)
  ・リバーHD、千葉大学・京葉銀行と「都市鉱山発掘プロジェクト」(19日)
  ・共英製鋼、越北部メーカーVIS社を子会社化(17日)
  ・MIセンサの磁気マーカシステムで自動運転技術実証実験(17日)
  ・関西鉄源連合会、H2を33,000円で5,000d落札(16日)
  ・東京製鉄5月鋼材販価、全品種据え置き(16日)
  ・ナカダイ、「こまがた桜まつり」を開催(16日)
  ・愛知県、エコアクション21認証取得講習会の参加者募集(16日)
  ・伸生(堺市)、ビードワイヤー除去機を導入し品質向上図る(13日)
  ・NGPの廃車買取りサービス「廃車王」、LINE無料査定を開始(13日)
  ・銅建値が20円下げの`770円、亜鉛建値が15円下げの`376円へ改定(13日)
  ・関西鉄源連合会、16日に共同輸出入札(12日)
  ・銅鉄商事(埼玉県川口市)コベルコ建機の油圧ショベルを導入(12日)
  ・ダイハチ、ウェブサイト刷新しスマホにも対応、利便性が向上(12日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を500円値下げ(11日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均32,979円で2万1千d落札(11日)
  ・銅建値が20円上げの`790円へ改定(11日)
  ・コマツカスタマーサポート、4月1日に発足(11日)
  ・豊田通商、非常用の電力供給設備に燃料電池を供給(11日)
  ・亜鉛建値が6円下げの`391円へ改定(10日)
  ・東京製鉄、購入価格を500〜1,000円値下げ(9日)
  ・関東鉄源協同組合、11日に共同輸出入札(9日)
  ・金沢工業、コベルコ建機の新型重機eマグを導入(9日)
  ・銅建値が10円上げの`770円へ改定(6日)
  ・山根商店(堺市)、フォークリフトを追加導入(6日)
  ・共栄、川崎市営埠頭に鉄スクラップ集荷ヤードを開設(6日)
  ・東京製鉄、宇都宮を1,000円、その他拠点を500円値下げ(5日)
  ・鉄リサイクリングリサーチ・最新リポート「躍進するベトナムと今後の課題」SRRの林誠一氏が発表(5日)
  ・豊田通商、ヤンマーと船舶用燃料電池システムを共同研究(5日)
  ・東京製鉄、購入価格を500〜1,000円値下げ(3日)
  ・日本郵政、約3,000の郵便局で使用済み携帯電話を回収(3日)
  ・銅・亜鉛・鉛、4月のスタート建値(2日)

平成30年3月
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を1,000円値下げ(30日)
  ・シーケークリーンアド(名古屋)が洗浄工場を新設 日完工式開催(30日)
  ・コマゼン(愛知県弥富市)、自動車用リサイクルバッテリーのセイバース設立(30日)
  ・ビナ・キョウエイ・スチール社、林誠一氏(鉄リサイクリング・リサーチ)招き意見交換(29日)
  ・銅建値が10円下げの1`740円へ改定(28日)
  ・KEIHANの営業所、京阪ステンレス原料センターが4月1日に「KEIHAN STAINLESS」に名称変更(28日)
  ・近畿工業(兵庫県)、三木市に約1万uの用地を取得 来年完成に向け新工場建設(27日)
  ・中部鋼鈑が近隣住民を対象とした工場見学会を開催し47名が参加(27日)
  ・亜鉛建値が9円下げの1`382円へ改定(26日)
  ・銅建値が20円下げの1`750円へ改定(23日)
  ・「都市鉱山バッグ」活動、1万枚製作へ 3,000円から支援集う(22日)
  ・中倉商店(徳島県)、スクラップの運搬車輌を更新(22日)
  ・豊田通商、機械設備子会社2社を経営統合し「豊通テック」へ(22日)
  ・鉛建値が9円下げの1`308円へ改定(20日)
  ・西川商工(大阪府堺市)、今期設備投資に約5億円(20日)
  ・東京製鉄、宇都宮工場のみ500円値上げ(19日)
  ・銅建値が10円下げの1`770円へ改定(19日)
  ・亜鉛建値が6円下げの1`391円へ改定(19日)
  ・東京製鉄4月鋼材販価、全品種据え置き(19日)
  ・15日の「第15回レアメタル資源再生技術研究会」に100名(19日)
  ・3月20日に「次世代自動車公開シンポジウム」名古屋大学で(16日)
  ・銅建値が20円上げの1`780円、亜鉛建値が9円上げの1`397円へ改定(14日)
  ・愛知製鋼の刈谷工場旧試作工場が登録有形文化財登録へ(13日)
  ・東京製鉄、田原500〜1,000円、宇都宮500円値上げ(12日)
  ・愛知県、「ものづくり博2018 in東三河」の出展者募集(12日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均37,520円で2万d落札(9日)
  ・銅建値が20円下げの1`760円、亜鉛建値が9円下げの1`388円へ改定(9日)
  ・愛知製鋼、ホール棟が完成し新本館が完全竣工(8日)
  ・関東鉄源協同組合、9日に共同輸出入札(7日)
  ・鉛建値、13円下げの1`317円へ改定(7日)
  ・日本鉄リサイクル工業会、全国大会に向け参加登録の受付開始(7日)
  ・愛知製鋼、EV用モータ参入を狙い中国磁石加工委託会社に出資(7日)
  ・「材料工学分野における産学官連携セミナー」に50人(7日)
  ・亜鉛建値、24円下げの1`397円へ改定(6日)
  ・関西鉄源連合会、H2を36,550円で5,500d落札(5日)
  ・大同特殊鋼、世界最高レベルの高感度センサ向け軟磁性材を開発(5日)
  ・キャタピラージャパン、「CAT360°ADVANTAGE」を開始(2日)
  ・豊田通商、自動車の樹脂リサイクル実証事業を開始(2日)
  ・東京製鉄、田原・九州を500円、宇都宮500〜1,000円値上げ(1日)
  ・銅・亜鉛・鉛、3月のスタート建値(1日)

平成30年2月  
  ・関西鉄源連合会、3月5日に共同輸出入札(27日)
  ・大阪カイショウ、自社ウェブサイトをリニューアル開設(26日)
  ・3月16日に改正廃棄物処理法(有害使用済機器)説明会(26日)
  ・愛知製鋼、「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定(23日)
  ・3月20日に「資源循環を支えるリサイクル技術」ビジネスセミナー(23日)
  ・神奈川県資源回収商業協同組合が創立70周年記念式典を開催(22日)
  ・「ものづくり日本大賞受賞記念フォーラム」に100人(22日)
  ・3月15日に「レアメタル資源再生技術研究会」 名古屋市工業研究所で(21日)
  ・ポニー工業(大阪市)、ウェブサイトをリニューアル(20日)
  ・アルミ缶リサイクル協会、回収協力者表彰式を開催(20日)
  ・東京製鉄3月鋼材販価、全品種据え置き(19日)
  ・イボキン、15日に反社会的勢力排除研修会を実施(19日)
  ・「自動車産業の産業構造変革への対応」セミナーに62人(19日)
  ・銅建値が10円上げの1`800円に改定(15日)
  ・上海愛知鍛造有限公司、上海VWから「優秀質量表現賞」受賞(15日)
  ・拓南製鐵、鹿児島営業所・ネジテツコン加工場が竣工(14日)
  ・MIセンサ搭載の自動運転バス実証実験 長野県伊那市で(14日)
  ・亜鉛建値が18円下げの`418円に改定(13日)
  ・鉄リ工業会関東支部「錆年会」が第一回勉強会を開催(13日)
  ・豊田通商、GPS活用のルートガイダンスシステム実証実験(13日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均34,750円で1万5千d落札(9日)
  ・銅建値が30円下げの`790円に改定(8日
  ・ペレンクSTジャパン、新型選別機「ミストラル+」の販売を開始(8日)
  ・関西の若手親睦会「鉄煮会」に約70名が参加(8日)
  ・関東鉄源協同組合、9日に共同輸出入札(7日)
  ・亜鉛建値が6円下げの`436円に改定(7日)
  ・K・Mウイング、「FLATON」の登録商標を前面にコンテナ販売を強化(7日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を1,000円値下げ(6日)
  ・銅建値が10円上げの`820円に改定(6日)
  ・ヒラオカ(島根)、ナゲット機を新設 国内販売に注力(6日)
  ・愛知製鋼、東海市の小学校で出張授業「鉄の教室」を実施(2日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を500円値下げ(1日)
  ・銅・亜鉛・鉛、2月のスタート建値(1日)
  ・杉本鉄工と杉本興業が合併、グループ建設事業の体制を強化(1日)
  ・稲葉商店(富士)が女性営業チームを立ち上げへ(1日)

平成30年1月  
  ・「第7回ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞に大同特殊鋼ら(31日)
  ・愛知製鋼、東海市の小学校6校で「鉄の教室」を開催(30日)
  ・銅建値が10円上げの`810円に改定(29日)
  ・キャタピラージャパン、燃費保証キャンペーンを継続実施(29日)
  ・豊田通商グループ、自動運転分野の強化を狙い合弁会社を設立(26日)
  ・銅建値が20円下げの`800円に改定(24日)
  ・新英金属(安城)の国内新拠点、高浜工場が竣工 4月から本格稼働へ(24日)
  ・亜鉛建値が6円下げの`430円に改定(23日)
  ・共英製鋼子会社・TVP社(ベトナム)が22日に開所式典(23日)
  ・東京製鉄2月鋼材販価、一部除き1,000〜2,000円上げ(22日)
  ・銅建値が10円下げの`820円に改定(22日)
  ・シマブンエンジニアリングが「第1回SBE達人戦」の認定式を開催(19日)
  ・愛知製鋼、リングギヤ用熱間ローリングミルラインを建設(19日)
  ・鉛建値が7円下げの`344円に改定(18日)
  ・安田金属(廿日市市)、エコプラザの破砕機を更新(18日)
  ・豊田通商、リチウム増産と資源確保狙いオロコブレ社に出資(18日)
  ・東京インスツルメンツ、ハンドヘルド金属分析装置「ChemLite Plus」の販売を開始(17日)
  ・愛知製鋼、17〜19日の「第4回ウェアラブルEXPO」に出展(17日)
  ・東京製鉄、購入価格を500〜1,000円値上げ(16日)
  ・亜鉛建値が12円上げの`436円に改定(16日)
  ・銅建値、10円下げの`830円に改定(15日)
  ・メジャーヴィーナス・ジャパン、東京エコファクトリー新工場の開所式を開催(15日)
  ・東京製鉄、全拠点で購入価格を500円値上げ(12日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均37,389円で1万6千d落札(12日)
  ・日本鉄リサイクル工業会が平成30年新年賀詞交歓会を開催(12日)
  ・山原商会(宇部市)、重機を更新、生産性向上に注力(12日)
  ・亜鉛建値が3円下げの`424円に改定(11日)
  ・関東鉄源協同組合、12日に共同輸出入札(10日)
  ・銅建値が10円下げの`840円に改定(10日)
  ・愛知県、1月22日に「水素エネルギー社会形成研究会」セミナー(10日)
  ・銅・亜鉛・鉛、1月のスタート建値(5日)

平成29年12月  
  ・共栄・衣浦工場(碧南)1250d大型シャーのオーバーホール完了(28日)
  ・銅建値が10円上げの`850円に改定(26日)
  ・シマブンエンジニアリングが「第1回SBE達人戦(溶接部門)」を開催(26日)
  ・亜鉛建値が9円上げの`418円に改定(25日)
  ・シマブンコーポレーション呉工場(呉市)、全面リニューアル工事が完了(25日)
  ・平林金属、えこ便大安寺局がオープン(22日)
  ・豊田通商、アメリカの電力事業ベンチャー企業に出資(22日)
  ・銅建値が20円上げの`840円に改定(21日)
  ・近畿工業、環境変化受け破砕・選別機の問い合わせ急増(21日)
  ・小谷商事(名古屋)が廃蛍光灯用破砕機を導入(20日)
  ・豊田自動織機と豊田通商がタイで産業車両地域販売統括会社(20日)
  ・銅建値が20円上げの`820円に改定(19日)
  ・トヨタ、日産、本田など11社が水素ステーション整備の新会社(19日)
  ・東京製鉄1月鋼材販価、全品種3,000円値上げ(18日)
  ・愛知県、公道で初の自動運転システム実証実験を実施(18日)
  ・銅建値が10円上げの`800円に改定(15日)
  ・日本鉄鋼連盟が第7回グリーン・スチール・セミナーを開催(14日)
  ・愛知製鋼、国土交通省などが行う自動運転サービスの実証実験に磁気マーカシステムを提供(14日)
  ・豊田通商、カンボジア・ポイペトのテクノパーク事業の開所式を開催(14日)
  ・亜鉛建値が6円上げの`409円、鉛建値が10円上げの`346円に改定(13日)
  ・大越マテックス、南砂営業所を三郷本社ヤードに統合(13日)
  ・大同特殊鋼・東北特殊鋼出展の「メディカルメッセ」が閉幕(13日)
  ・東京製鉄、全拠点で購入価格を500円値上げ(12日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を36,126円で1万5千d落札(12日)
  ・銅建値が10円上げの`790円に改定(12日)
  ・伸生(堺市)、中古車展示場をリニューアル(12日)
  ・西川商会(鳥取市)、健康経営マイレージ事業で知事表彰(12日)
  ・東京製鉄、田原工場のみ500円値上げ(11日)
  ・関東鉄源協同組合、12日に共同輸出入札(11日)
  ・岸和田製鋼 新社屋が完成、25日から業務を開始(11日)
  ・ミヤザキ・メタルサービス ウェブサイト刷新 携帯端末にも対応(8日)
  ・自動車補修部品研究会が第100回・25周年祝賀会を開催(8日)
  ・日本最大の環境展「エコプロ2017」開催 12月7〜9日、東京ビックサイト(7日)
  ・ポニー工業、オリンパス製ハンドヘルド蛍光X線金属分析計「VANTA」の低価格機種を販売開始(7日)
  ・銅建値が20円下げの`780円、亜鉛建値が3円下げの`403円に改定(6日)
  ・平林金属、港工場の重機2機を更新 作業効率の向上に注力(6日)
  ・不二商事(名古屋)が創業50周年記念祝賀会を開催(6日)
  ・東京製鉄、宇都宮を1,000円、その他拠点を500円値上げ(5日)
  ・千代田鋼鉄工業 イメージ動画を製作・公開、「地産地消」をPR(4日
  ・豊田通商、ケニアモンバサ港の港湾クレーン供給契約を締結(4日)
  ・銅・亜鉛・鉛、12月のスタート建値(1日)
  ・環境省 廃プラリサイクルに緊急支援を決定(1日)

平成29年11月  
  ・小谷商事(名古屋)が町民コンサートを開催(30日)
  ・11月24〜26日、「鉄筋EXPO2017」幕張メッセで開催(29日)
  ・中部鋼鈑の近隣住民を対象とした工場見学会に32名が参加(28日)
  ・亜鉛建値が6円上げの1`415円に改定(27日)
  ・大阪自動車リサイクル協同組合、大整商感謝祭に出展(27日)
  ・刈谷市のトヨタグループ8社が名フィル福祉コンサートに協賛(27日)
  ・中部鋼鈑、20日に秋のクリーン作戦を実施(22日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を500円値上げ(21日)
  ・銅建値が10円上げの1`810円に改定(21日)
  ・11月22〜26日の「視点」写真展に立岡秀之氏が出展(21日)
  ・レアメタル資源再生技術研究会「オープン合同分科会」に87人(21日)
  ・東京製鉄12月鋼材販価、全品種3,000円値上げ(20日)
  ・山下雄平ヤマシタ社長の油絵作品、画集&カレンダーに(20日)
  ・東京製鉄、西日本3拠点の購入価格を500円値上げ(17日)
  ・シーパーツ(岩国市)、山口県産業技術センター理事長賞を受賞(17日)
  ・リバーホールディングス 「環境社会報告書2017」を発行(17日)
  ・銅建値が10円下げの1`800円、亜鉛建値が6円下げの409円に改定(16日)
  ・住友建機販売、大阪市西淀川区に「大阪教習センター」を開設(16日)
  ・シマ商会、第38期経営計画発表会を開催(16日)
  ・飛田テック、3R推進功労者等表彰で環境大臣賞を受賞(15日)
  ・豊田メタル、第40回廃車供養式に50人(15日)
  ・愛知製鋼、国土交通省の自動運転実証実験に磁気マーカシステムを提供(14日)
  ・「メッセナゴヤ2017」が閉幕 多数の来場者で賑わう(14日)
  ・東京製鉄、全拠点の購入価格を1,000円値上げ(13日)
  ・平田工業(名古屋)が5日に協力業者との第2回合同カートレース大会を開催(13日)
  ・山原商会(宇部市)、工場見学会を開催(13日)
  ・あいおいニッセイ同和損保、リサイクル機械の修理保険の販売を開始(10日)
  ・NGPが第13回通常総会と懇親会を開催(10日)
  ・銅建値が20円下げの1`810円、亜鉛建値が6円下げの415円へ改定(10日)
  ・東京製鉄、西3拠点の購入価格を500円値上げ(9日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均31,890円で2万d落札(9日)
  ・クリーンエコロジー、廃棄物選別機の出張デモ体制を強化(9日)
  ・林氏「 目が離せない中国のスクラップ輸出(その3)」発表(9日)
  ・鉛建値、10円上げの1`343円へ改定(8日)
  ・世界初の鉄筋博「鉄筋EXPO2017」、11月24日から幕張で開催(8日)
  ・「第21回全国愛鋼会」に150人が参集 ヒルトン名古屋で(8日)
  ・東京製鉄、全拠点で購入価格を値上げ(7日)
  ・関東鉄源協同組合、9日に共同輸出入札(7日)
  ・銅建値、10円上げの1`830へ改定(7日)
  ・亜鉛建値、6円下げの1`421へ改定(7日)
  ・共英製鋼、ベトナム北部鉄鋼メーカーに資本参加(7日)
  ・11月17日にレアメタル資源再生技術研究会「オープン合同分科会」(7日)
  ・「メッセナゴヤ2017」に大同、愛知、CBMらが出展(6日)
  ・アスク、廃電線剥離機「電線マン」シリーズが累計販売1,000台を突破(6日)
  ・11月4〜5日に「東海秋まつり2017」 製鉄公園・元浜公園他で(2日)
  ・平林金属(岡山)を舞台にした写真集発刊(2日)
  ・中部鋼鈑、近隣の小学5年生140人を対象に工場見学会(2日)
  ・東京製鉄、全拠点で購入価格を値上げ(1日)
  ・銅・亜鉛・鉛、11月のスタート建値(1日)
  ・大同特殊鋼、知多と渋川で高級鋼の特殊溶解設備を増強(1日)

平成29年10月  
  ・近畿工業(神戸市)、平成29年度「ひょうごオンリーワン企業」に認定(31日)
  ・日鉄住金物産のOB会が発足、設立総会と関東地区懇親会を開催(31日)
  ・千住一丁目地区市街地再開発組合 再開発高層ビル建設工事の起工式を開催(30日)
  ・愛知製鋼、「ITS世界会議モントリオール2017」に初出展(30日)
  ・NGPとブロードリーフ、リサイクル部品の流通拡大を目的に業務提携(27日)
  ・東京製鉄、田原工場を一律1,000円値上げ(26日)
  ・マツモト環境(尼崎市)、旋回式カッターを導入 解体・選別に注力(26日)
  ・愛知製鋼所属の野澤真央選手が京都レディースオープン優勝(26日)
  ・銅建値が前回比10円上げの1`840円、亜鉛建値が前回比18円上げの1`424円へ改定(25日)
  ・東方金属(呉市)、小屋浦工場の重機を更新、作業効率化に注力(25日)
  ・大洋(茨城県) 建物解体発生品の広域スクラップ回収ネットワークを強化(25日)
  ・関西鉄源連合会、H2を30,630円で5,200d落札(23日)
  ・丸紅テツゲンと紅友会が講演会・懇親会を開催(23日)
  ・銅建値が前回比40円上げの1`840円、亜鉛建値が前回比9円下げの1`412円へ改定(20日)
  ・日本鉄リサイクル工業会・関東支部「錆年会」が発足(20日)
  ・第12回3R推進全国大会、10月24日に沖縄で開催(20日)
  ・関西鉄源連合会、23日に共同輸出入札(19日)
  ・「コベルコ秋の大展示会2017」10月28〜29日に開催(19日)
  ・愛知製鋼、グループ社員40人が森林育成ボランティアに参加(19日)
  ・三立機械工業、剥線機乗り換え・出張デモ週間の2キャンペーンを開始(18日)
  ・愛知製鋼、昨年度の取組みをまとめた「レポート2017」を発行(18日)
  ・銅建値が40円上げの`840円、亜鉛建値が9円下げの412円へ改定へ改定(17日)
  ・東京製鉄11月鋼材販価、全品種据え置き(16日)
  ・大同特殊鋼、昨年度の活動をまとめたCSR報告書2017を発行(16日)
  ・スズトクHDが第三者割当増資、産業革新機構から32億3千万円を上限に(13日)
  ・関東鉄源テンダー、H2を平均30,553円で2万d落札(12日)
  ・銅建値が10円上げの`800円、亜鉛建値が9円下げの421円へ改定(12日)
  ・3R推進団体連絡会、第12回容器包装3R推進フォーラムを開催(12日)
  ・コベルコ建機、からくり改善くふう展コンテストで2年連続金賞受賞(12日)
  ・関東鉄源協同組合、12日に共同輸出入札(10日)
  ・東京製鉄、全拠点で一律1,000円値下げ(6日)
  ・銅建値が20円上げの`790円へ改定(6日)
  ・シマ商会(福島)、2018年度内定式を開催(6日)
  ・11月10日に「次世代自動車フォーラム」ポートメッセなごやで(6日)
  ・亜鉛建値が21円上げの430円へ改定(5日)
  ・東京製鉄、全拠点で一律500円値下げ(4日)
  ・近畿工業(神戸市)、雑品破砕処理機の見学が急増(4日)
  ・銅・亜鉛・鉛、10月のスタート建値(2日)
  ・愛知県、10月3日に遠隔型自動運転システムの実証実験(2日)

掲載されている記事・写真等の無断転載を禁じます。
著作権は日刊市况通信社に帰属します。
(C)Nikkan Shikyo Tsushinsha Co,ltd All rights reserved.
MRNavi
企業名・都道府県検索
所在地マップ
加工処理機械メーカー
行政・関連団体
メーカー・商社

メール速報サービス

月曜日〜金曜日更新
(祝日除く)
MicroSoft InternetExproler6.0で動作確認しています。
会社概要 English 問い合せ 出版物案内 購読申込 TOP METAL RECYCLING JAPAN 日刊市況通信